箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あまつき 6話

澪標

鴇は真朱に、銀朱の呪いを解いてほしいと頼まれる。
自分ひとりの力では どうにもならないので、梵天を呼び出した。
梵天は鴇の頼みを断るが、呪いの正体を知りたいならついて来い、と言った。
鴇は真朱、朽葉、鶴梅とともに その場所へ向かう。


平八って本当にラブリー。
自分よりも露草の心配をしてましたが、怪我してたのは貴方です。
寄るな、とか言いながらも止血してくれる露草もかわいいネ。

朽葉は鴇を傷つけた、と腹を減らすことで己を戒めてました。
だからって いびきだ、ってごまかすのはちょっと・・・ですよw
紺は気の利く人で、朽葉にご飯を作ってきてくれました。

生きるために生きている人もいれば、生きる理由が必要な人もいる。
朽葉は前者で 鴇は後者だそうです。
現代の人間はもっぱら後者でしょうね。
鴇は誰かのために何かするってのが必要ってこと?
処世術だと言われましたが、でも鴇のそれは優しいものだと思います。
朽葉とは違うタイプの人間ですが、だからこそ支えあえる、と。

紺はハス~に構えてるようなかんじしますけど、この人も優しいです。
鴇に比べるとずっと大人だわー。(その分かわいさ若干減?)
観察眼があるのか、ありきたりな言葉で慰められるより説得力がある気がします。
私は・・・髪の毛 結ってるほうが好きだなぁ。。。

紺と朽葉の会話中も、佐々木がお邪魔に来ました。
佐々木によると、紺は「あまつき」に来た時は「白紙の者」だったらしいです。
おお、先週の疑問があっさり解決。
一年ほどして帝天に見つかり、天網にくくられてしまったとか。
生死が決められてしまった、って 紺は彼岸に帰れないんでしょうか??
鴇が破壊者となれば天網からも解放されて帰れるのかな。
その場合 元々「あまつき」の住人はどうなるんでしょう。

佐々木は言い方がイチイチ嫌味です。
なんで わざわざ心証を悪くするような言い方するかなぁ。
そんなことされるとツンデレかと疑ってしm・・・

銀朱の呪いは、真朱に誘われて結界を出てかけられたそうです。
それを真朱はずっと悔やんでいました。
遊び相手、露草もいたので 呪いには梵天も絡んでるんでしょうか。
そうそう、元々は男性だったみたいですね、銀朱。

鴇は梵天に力を借りることにしました。
速攻で断られましたがw 「うそつきっ!」ってw
自分では力不足だと正確に判断できることと、人に助力を求めるのを厭わないことは、素直にすごいと思います。
で、「日本橋で狐がないている」という場所で待ってるそうですが、私にはそれだけじゃ たどり着けそうにありませんw どこなのかさっぱりです。
近くに住んでると分かるのかな。

銀朱にずっと協力はできないけど、彼岸に帰るまでなら力を貸すことに。
ボディーガードとして朽葉は一緒に、いざという時の人質として紺は残ることになりました。
この三人、息ぴったりで実にいいチームワークです。
それだけ鴇には魅力があるってことですかね。なんか力になりたくなるね。
一方、平八と露草の前に狐が現れました。
さて、次回どうなるんでしょう。

あまつき 1 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) 鴇ってホント可愛いな・・・
[ 2008/05/13 23:47 ] あまつき | TB(0) | CM(0)

あまつき 5話

暁と目覚め

鴇は銀朱に呼び出され、鴇が「白紙の者」であると説明される。
そして、銀朱に協力してほしいと言われるが、鴇は理解が追いつかなかったようだ。
一方その頃、妖をめぐって何かが動き始めていた。


映像だと話がどんどん流れていくので理解するのが難しかった気がします。

とりあえず、
・「あまつき」に生きている人は全て、帝天から運命を決められている。
・鴇は決められた運命を持たず、他人の運命に干渉する力を持っている。
ということでしょうか。

鴇は元々彼岸の人間なので、「心」に文字が書かれてないのかしら。
じゃあなんで紺は白紙の者じゃないんだろう。
彼岸での鴇の生き方(全て他人事)とかが原因かなぁ、なんて思ってました。

銀朱は呪いのカラクリ人形から人間の姿になってくれました。
よかったアレ怖かったんだw
便宜上「姫さま」と呼ばれてるけど、性別はありませんでした。
顔のウロコは蛇の呪いの名残ですかね。

彼(声に惑わされてる私・・・)は「あまつき」に生きている人を残酷な運命から救いたい、そう思ってる・・・んですよね?
そのため鴇に天網を書き換えてほしい、と。
梵天とは対立している(?)みたいなので、目的も対立しているのかな。
天網を書き換える行為は「あまつき」の破壊なのか守護なのか、どっちなんでしょう。

さて、露草はご神木を助けようと一人で突っ走っていって平八の上に落下しました。
あぁ、平八ってこーゆー星の下に生まれてるんだろうなー、としみじみ思いましたw
一応 梵天も動きましたし、この事件(?)が鴇たちにどう関わってくるのか楽しみです。

色々 書きましたが今回一番残ってるのは鴇と朽葉の会話でした。
とゆーか そこしかメモってなくて笑ったw
己の運命を呪って泣く朽葉に、かける言葉が見つからなくて泣いてしまう鴇、そんな鴇を見て逆になぐさめちゃう朽葉。
この二人って、どうしてこんなに愛しいんでしょう。

「すごく弱くて、すごく格好悪くて、すごく情けない 普通の鴇」とは朽葉の言葉。
「すごく強くて、すごく格好良くて、すごくかわいい 普通の朽葉」という鴇の言葉をちゃんと覚えてたんですね。
あーもう かーわーいーいー!

せっかくの場面でしたが佐々木の邪魔が入りました。
まあ、確かに障害があってこそ燃え上がるもの、ですねw
この人も好きだわ~(沙門と二強) 黒目ないけど。
佐々木の「愛する二人」という言葉になんのツッコミもなかったことがすごく気になります。
ちょっと、これはもう期待しちゃっていいってことかしら?(大興奮w)
春、まっ盛りですねぇ!

あまつき 4 (4) 気が早すぎだけど今期のベストカップル賞は鴇と朽葉に差し上げたい。
[ 2008/05/06 21:59 ] あまつき | TB(0) | CM(0)

あまつき 4話

犬神と姫神

鴇は梵天から二つの道を示される。
一つは、元の世界・彼岸に帰るために「あまつき」の破壊者となる道。
もう一つは、元の世界に帰らず「あまつき」の支配者となる道。
鴇は、「あまつき」の命運を左右するものにふさわしく、とんでもない力を持っていた。


一応 鴇の道は示されましたが、今回はそれどころではなかったというw
鴇たちはちゃんと招かれて社に来ていたのですが、誤解されて巫女さんたちに攻撃されました。
誤解のもととなったのは朽葉。
彼女が狗神憑きであったため、怪しい人物だと思われてしまいました。

鴇は朽葉のことを「普通の子」と言いました。
そんな風に言えるのは、人も妖も知覚できるからか、あまつきの中で異質な存在だからか。
でも鴇が鴇であるから、が一番しっくりきます。
周りの情報に惑わされず、その人そのものだけを見る、って意外と難しい。
鴇も朽葉もなんだか抱きしめたくなった・・・

巫女さんのリーダー格の鶴梅はなかなかの術者のようですが、実体を持った狗神(どっちの漢字が正しいんだろう?)の敵ではありませんでした。
狗神が半端なく強いのか、そもそも妖と人間との力量差が圧倒的なのかもしれません。
狗神は、朽葉を思っているような口ぶりでしたねぇ?
離れることはできないんでしょうか。

今回の新キャラ、真朱と銀朱。
二人に会った時の鴇の反応が可愛かったですv
銀朱は。。。呪いのカラクリ人形なイメージw
妖を退治しているらしいのですが、妖たちの呪い(祟り)によって、毎日生まれて毎日死ぬとのこと。
なんのこっちゃ。
本体(?)そのものも、ただ祟りを受け止める人形(ひとがた)のようなもんなんでしょうか。

鴇の能力とは、思い描いたものを具現化できるものみたいです。
使い方によっては凶悪な能力ですね。
「あまつき」で唯一 鴇に与えられた能力なのかも。
だから支配者か破壊者になれる、と。

梵天は鴇の能力を見極めようとして狗神を挑発したようです。
ハタ迷惑な人だわ。賢いというより狡猾です。
お仲間の露草とウツブシは わりかし人が好さそうでした。
つまり つけいるならコッチ(え
あまつきのキャラって名前に色が付いてる人多いですね。

あまつき絵巻 金華糖 ―小さめにしてみました。―
最新号を読んだら ちょうど今回の話(だと思う)の回想があって、なんか感慨深かったw
[ 2008/04/30 22:38 ] あまつき | TB(0) | CM(0)

あまつき 3話

化け物道中

すっかり あまつきに馴染んだ鴇。
ある日、先日の妖怪の件で佐々木只次郎という人物が寺に訪ねてくる。
鴇は白状してしまい、子守三日間の刑を言い渡された。
紺と朽葉も心配してついてきたが、鴇一人だけ異空間に落ちてしまった。


鴇、モテモテw
物腰柔らかだし素直そうで、母性本能をくすぐられちゃうんでしょうか。
紺の中の母性本能(あるのか?)も刺激したようだしw
でも かわし方がうまいぞ!鈍いのに。

鴇は眼帯を外すと妖怪が見えるらしいです。
でも酒呑童子を見たときは眼帯つけてたよね?
ちっこくて可愛かったがあれはなんだろう。相手によって姿を変える、佐々木の式神のようなもん?
見事に釣られてしまいました。

そしてあっさり白状。あらま。
結構 勢いで物事を進めてしまうみたいです。
鴇なりに色々ぐるぐる考えた結果なのだけど、ちょっと判断が甘いのかも。

まあ反省していました。
今の鴇は あまつきとは異質な存在なので行動の結果が見えやすいんでしょうね。
でも元いた世界でも、そういった波紋はあって、見えていなかっただけ、と沙門は言いました。
あまつきに来たことで物の見方も変わっただろうし、もう他人事ではいられなくなったのを肌で感じ取ったんでしょうか。
なんにせよ、とっても成長過程な雰囲気をかもし出していて可愛いです。
あぁ、こういうところに惹かれてしまうのかな?
紺も朽葉も。

紺は面倒見がよい頼れるアニキですね。
鴇を蹴り倒したのは可愛かったv
朽葉はあんまし出番がなかった気がしますが、予告で鴇とイイかんじになってるように見えました。
楽しみだw
二人とも心配してついてきてくれたのに、素直に言わないんですね。にやにや。

新キャラ・梵天 登場。
一体何者なんでしょう。問いかけも気になるところ。
「姫さま」だっけ、彼女(彼?)も意味深なこと言ってたし、ようやく「あまつき」の不思議方面の世界観が語られるんでしょうか。次回にも期待!

あまつき 3 (3) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) でも今回の新キャラは佐々木の方が気になってるw
[ 2008/04/22 22:25 ] あまつき | TB(0) | CM(0)

あまつき 2話

狗を呼ぶ聲

鴇は 妖怪退治をしている沙門のところに連れて行かれ、しばらくそこで暮らすことになる。
ある日、朽葉がヤクザ者に因縁をつけられ、彼女は狗神憑きであると判明する。
ヤクザ者の所業に腹をたてた鴇は、「自分にできること」をしようとした。


沙門がヒットでしたw
お経を唱えてると思ったら酔っ払って寝てました。こけたよ。
型破りだけど 筋の通った頼れる人物のようです。懐が深そうだ。
いろんな人に懐かれそうです。その分一部の人には疎まれるかも。
最後の喝が格好よかったよ!
普段の抜け具合といい 最高です。
おや、ベタ褒め?
あまつきで沙門以上に私を引きつける人は出てくるんでしょうか~。
ていうか これからどんどんキャラ出てくるはずですよね。

朽葉は狗神憑きとのこと。
鴇の目に一瞬映った獣は朽葉の狗神??
祟る、といわれてましたが。。。不幸な出来事と勝手に結び付けられただけかもしれません。
魔女裁判のような。

さて、鴇 主演でヤクザ者の一人にイタズラ(仕返し?)を仕掛けました。
ていうかヤクザ者って・・・;
妖怪のふりをして脅かしました。
鴇って歴史はダメダメだけど化学はできるみたいです。
炎をまとってると迫力がありますもんねー。
芋の汁だっけ?考えたな。
この一件を通して朽葉と少し近づけたようでした。

にしても前回と今回の鴇のイメージが少々一致しませんでした。おや。
朽葉がからまれてても流すと思ったw いや、それサイテーだよねww
平八はラブリー。

TVアニメーション「あまつき」DVD 第1巻 <豪華版> 朽葉の髪マフラーって息苦しそう・・・。
[ 2008/04/15 23:26 ] あまつき | TB(0) | CM(0)

あまつき 1話

雨夜之月

江戸時代に酷似した世界・あまつきに迷い込んでしまった少年の話。

大きな問題として 少年たちが元の世界に戻れるのか、
小さな(?)問題は主人公・鴇の世界とのかかわり方、があるんだと思いました。
世界は自分とそれ以外だ、というのは間違いじゃないと思いますが、なんとも寂しいです。
そのくせ なんか共感しそうで自分が始末におえないです(汗)
鴇の他人事な姿勢に朽葉が怒りを感じたのがなるほどなー、と。
似たような状況の中生きている私たちは あんまりそういう感情を抱かなさそうなので(私だけ?)面白いです。

鴇の変化(もう確定事項?w)と絡めて描かれそうなのが夜行の言葉。
「虚とは」「実とは」、「死とは」「生とは」と、答えが出なさそうなものばかりです。
だけどとっても好きv こーゆーの考えるの。
自分なりの答えを見つけられたらいいんだよね、きっと。

特殊なメガネで江戸時代を体験できるテーマパークから、あまつきに移るのが 手際よくて(なんか違う)見せ方がうまいなーと思いました。
スルっとベールが剥がされるみたいなかんじ。
鴇が紺に逃げられたと思ったとき、もう紺は あまつきに行ってしまってたんでしょう。

次回は夜行や鵺など、若干はぐらかされたところの説明があるのかな。
その説明がないと「あまつき」の世界観が分かりませんが、多分好みですw

つかみとしては かなり面白かったです。
ちなみに私は平安時代に行きたいです。聞いてないし。
来週も楽しみにしてます。
ただ今日の授業がめっちゃ眠かったぜ!

あまつき 1 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) 一迅社なのが ちょっと不安。。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : あまつき

[ 2008/04/08 22:32 ] あまつき | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。