箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が家のお稲荷さま。 5話

お稲荷さま。禁忌を侵す

恵比寿の言葉を聞いて、クーは美夜子の魂送りをしようとする。
この世とあの世をつないで行う魂送りは禁忌に触れる行為だった。
そのため恵比寿に妨害されるが、なんとか美夜子の魂を送ることができた。
ところが、全ては恵比寿の狙い通りに進んだのだった。


タブーなのは「この世とあの世をつなぐこと」だったようです。
美夜子の魂をどうこうすることではなかったみたい。

この世とあの世をつなぐのは難しいらしいのにクーはやってのけました。
舞は幻想的で美しかったです。
橋姫に酒を貢いだのは何の意味があったんだろう。
関係ないけど橋姫っつーと たおやかな美女を想像します。
顔が見えないのは雰囲気でてますが、お婆さんに「私が橋姫です」と言われちゃうとなんだかセツナイ(´・ω・`)
失礼な奴め。

あの世とつなぐ=道ができる?ということなのか、彷徨っていた美夜子の魂に会うことができました。
個人的には彷徨っているのがどういう状況なのか、彷徨ったままだとどうなるのか、説明がほしかったです。
そういうのが引っかかっちゃって素直にのみこめない・・・。
色々つっこみたくなるけど気にしないほうが楽しめるよねぇ。。

ともあれ美夜子は魂になっても生きてた時そのまんまのノリな人でしたw
透は、なんかこう、いかにも母!って人をイメージしてたのかも。
ただでさえ突然で驚いてるのに、姉もしくは友達に近いノリなので、「ない、と思う・・・」しか言えなくてもしょうがないさー。
若干後悔はあっても、それでも美夜子と会えたことはプラスになるでしょう。
母親の話題も避けなくなるかもね。
不覚にもうるっときてしまいました。

しかし恵比寿って本当 食えない。
禁忌を認める代わりにクーの髪をよこせとのたまいました。
兄弟を人質にとられてはクーとしても条件をのむしかなく、バッサリ切っちゃいました。
それをミサンガにして売ろうと思ってクーをけしかけたそうです。
狛犬が食い気に負けてたのはおかしかったです。

今回も全ては金のため、ってあたり、求めているものが分かりやすくてかわいい気もするんですが。
いかんせん手のひらで踊らされるのは気分よくありませんな。
本気で敵になったら大変そうです。
なんといっても土地神であることは かなりのアドバンテージのようですし。

美夜子はあっさり送られてしまいました。
ということは、今後 美夜子は出てこない、ってことですか。
原因の追究とかしないのかな。
この話は大きな流れにそって進んでいるんじゃないのかしら・・・。
物語としての魅力がいまいち薄いのは流れが見えないせいかなー、と思ってますが、さて。
次回は佐倉が出るようなので、妄想に期待ですw

我が家のお稲荷さま。 (電撃文庫) コウの擬音での説明はひどいw

我が家のお稲荷さま。 4話

お稲荷さま。収穫する

クーとコウの食い扶持が増えたため、高上家の家計は赤字になりそうだ。
クーは食料の調達に出かけるが、折りよく透を襲った豆の妖怪から、盛大に豆をせしめることができた。


折りよく、って我ながらひどいw
クーの存在はとても非現実的なのに、お話は妙に生活感漂ってるのがおかしいです。
今回はコウにスポットのあたった話でした。

母親の話題になると、態度が変わってしまう透。
気になったコウは、昇から話を聞きます。
母・美夜子は透を産んですぐに亡くなったので、透には母の記憶がないという。
そして、そのことを気にしてるため そっけない態度になってしまうようです。
透の心をも守りたいと思う、コウは優しい子ね。。。

戦闘では大活躍でした。
相手の属性を見破ったり、クーのサブの役回りだと思ってたので意外です。
相性さえも軽く凌駕する実力の持ち主だとは思ってませんでした。
体に浮き出た蛇の模様、水の龍は、さすがミズチの守り女といったところなんですが。
コウって本当に謎です。
人かどうか怪しいと思っている・・・

美夜子のことも語られました。
美夜子の話になると俄然 面白くなります。
30まで生きられない、そんな状況のなか、前向きに生きた彼女はとても魅力的です。
何か特別なことじゃなくても、家庭を持ち子どもを産み育てる、ってすごいことだと思います。
父とクー、二人(?)の心情も合わせて良かったです。

今回は面白かったです。
コウのドジっ子じゃない部分も見れたことは好印象。
正直ね、コウのドジっぷりは面白くなくて。
むしろあれがわざとで、戦闘の時の相対価値を高めるとかだったら・・・。
そんなキャラは結構好きだけど、そんなコウは嫌ですねw

美夜子の魂はずっと透を守っていたらしいけど、最近になって弱くなってしまったとか。
時間が経つとそばにいて力を発揮するのが難しくなるんでしょうか。
それとも何か原因があるのかなぁ。
次回、クーが禁忌を犯してしまうようです。
美夜子から話を聞く、とか兄弟と話させる、とかかしら?

我が家のお稲荷さま。OPテーマ 男女どっちにもなれる、って設定は今はあんまり生きてませんね・・・

我が家のお稲荷さま。 3話

お稲荷さま。登校する

新学期が始まったが、クーとコウに留守番させておくのが不安な昇。
クーは学校に興味をもち、コウと透と一緒に昇の学校へ行く。
昇のことを好きな少女・佐倉は突然あらわれた金髪女性&巫女に気が気ではない。


後半の妖怪戦は別に特に・・・といったかんじなんですが(おい)
前半は楽しかったです。
昇の連想と佐倉の妄想が。

昇は本当に所帯じみてる、というか。
冷凍庫は教えてなかった、とか柄物と一緒に洗濯しちゃだめだ、とか些細な言葉に反応してたので、これからも心労は続きそうです(汗)
油→火事→破産!には笑いました。
たくましい連想力で。と言いたいところですが、冷蔵庫は開けっ放しで水は流しっぱなしだったので、ありえないと一蹴することもできずw

一方佐倉のはありえないと言い切れます。
クーもコウも恋愛対象じゃないでしょう。
昇とクーが付き合ってるんじゃないか、は分かりますが、巫女の格好は昇の趣味!?は さすがに飛躍しすぎです。
それでこそ妄想w
しかも巫女さんの格好するのマンザラでもなさそうw 気持ちは分かるヨ
巫女服とかメイド服に憧れを抱く女子は少なからずいるよね?
十二単は着たことあるんだけどww

妖怪のことは記憶の底~に沈められてしまった佐倉ですが、そのうち思い出すんでしょうか。
妖怪ぬきに この話のメインに絡むのは難しいと思うので、早々に思い出してほしいです。
カモン!妄想!ですよ。
ていうか昇と付き合っちゃえよ、みたいな。
どうやら昇は鈍い人・・・というか今のとこ恋愛に興味なさそうなのですが。
(クーやコウのことで手一杯)
二人とも些細なことで妄想大会、とか見てる分には非常に面白そうじゃないですか。

今はキャラの顔見せなんでしょう。
でも まったり進行に少し焦れてきました。
そろそろお話が動いてほしいなーと思う次第。
これ火曜の夜放送なんですが、水曜は1限からなので7時に家出ないと遅刻です。
ずっと今のかんじだと切ってしまいそう。
(あんな辺鄙な場所にあるくせに1限の開始時刻20分早めるなんてヒドイ・・・)

我が家のお稲荷さま。 2 (2) (電撃コミックス) コウは家事をしてはいけません。――その命に代えてもw

我が家のお稲荷さま。 2話

お稲荷さま。我が家に住みつく

クーとコウの同居を、お父さんはあっさり受け入れました。
えぇ、そんな簡単に!?
お父さんの切り替えしは只者じゃなさそうでした。
お母さんが故人なのが非常に残念ですが、在りし日の高上家では どんな会話がなされていたのでしょうか。
新婚の時とか見てみたいですw (なんという出歯亀)
クーが気に入っていたので、お母さん・美夜子も相当いいキャラしてたんじゃないかしら。

クーの力をちゃんと使えるようにするため、土地の神様に挨拶に行くことにしました。
その土地の神様は、なんと神社の前にあるコンビニのオーナーの恵比寿でした。
にやにやしてて感情が読めない人(・・・ではなかった)です。

手下の狛犬を使ってクーに攻撃を仕掛けてきました。
ちょっと苦戦したクーをかばおうと、透がクーの前に立ちはだかります。
おお、危ないけど可愛いよ!
素直さや純粋さ、大切な人(・・・じゃないけど)を守りたいという意志、単純に腕力とかじゃない強さを感じます。
透が妖怪に狙われるのもそのへん関係しないかなー。
で、きっと透と美夜子は似てるんでしょう。

コウの助言のおかげで、無事 狛犬を倒すことができました。
コウは守り女だけあって、専門のことには強いですね。
家事一般には全く役に立たなさそうですが。
洗濯物はすぐに干さないとシワになるもんね。
あのスピードじゃもうシワになってたかも。

ちなみに恵比寿が攻撃を仕掛けたのは、神社を壊すため、でした。
理由は神社の前のコンビニが、修理業者の人たちで潤うように。
なんてひどいww
でも、美夜子の魂はまだ町で彷徨っている(?)、と教えてくれました。
亡くなったのは最近なんでしょうか。
ともかく、美夜子が核になりそうです。

次回、クーとコウが学校に行くらしい・・・。
家に残すのも心配、かといって学校に来られても気が気じゃなさそう。
唯一 普通っぽい兄ちゃんは苦労が絶えなさそうですw

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻 やっぱり女の子姿の方がいいなぁ。

我が家のお稲荷さま。 1話

お稲荷さま。封印解かれる

妖怪に狙われてしまった高上透。
彼を助けるために、天狐空幻、クーの封印が解かれた。
高上兄弟を気に入ったクーは、彼らの守り神として一緒に住むことに決めた。


なんといってもクーのキャラクターが良かったです。
本来男なのか女なのか忘れてしまったくらい長生きだそうです。
性別って忘れちゃうもんなのかしら?
個人的には女性のクーでいて欲しいです。
あの容姿で、あの声で「三下ぁ!」とか言われるとドキドキしちゃいます。
いや、オカシイだろw
でもホントあの口調は女性姿の方が爽快だと思います。
次回は男性姿で登場のようですが、また印象が変わったりするんでしょうかね~。

高上兄弟のお母さんの美夜子とクーの関係がとっても気になります。
美夜子はクーにとって特別な人みたいです。
過去話とか無いのかな。
クーは男にも女にもなれるので一粒で二度オイシイ、みたいな(?)

コウも不思議で気になる存在。
守り女ってなんなのか分からないし、彼女は名字が明かされてません。
無表情だけど、いつか笑顔が見れる日が来るんでしょうか。
クーの監視にと、目立たないようについてきました。
って、網棚ハンモックww
1回やってみたい・・・!
逆に目立つことに気づいてなさそうなのが可愛かったです。

高上兄弟と天狐空幻ことクーが巻き起こすドタバタってかんじでしょうか。
原作は読んだことないですが、さわりくらいは知ってました。
今回は1話ということで、本当にさわり程度でした。
まだ始まったばかりで、今回はとりたてて面白い話でもなかったですが、これから面白くなることを期待してます。

我が家のお稲荷さま。 7 (7) (電撃文庫 し 9-8) 五行が出てきたのはツボでした。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 我が家のお稲荷さま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。