箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイガールズ 18話 感想

侵入者

攻龍内にワームが浸入した。
ワームは攻龍の電気を食い、増殖していく。
音羽と僚平でワームを甲板へ誘い出し殲滅しようとするが、数が増えすぎたために零神で殲滅することになった。
電力不足のためナノスキンの限界が8分しかないなか、零神はワームに囲われ身動きできない状態になる。
そこに緋月たちがあらわれ、攻龍はピンチを脱した。


なんか違う話のあらすじ(もどき)を書いてる気分です。こんな話だったか・・・?
ワームは統一体じゃなくて、1セルの状態なら普通の銃火器でも倒せるみたいですね。
ワームって、1セルだとあんな光の玉状態なんですか。へぇ。

かれらには擬態能力があるらしく、今回は人間に擬態していたそう。
えっと、どのへんが・・・!
二足歩行らへんですか。
状況からすると、人間にっていうか、音羽っぽかったですよね。
あんなモンスター然とした奴が音羽を擬態したやつだと思うとショックw

音羽と僚平とでワームを連れて行こうとするのですが、音羽途中で転倒w
妙なところで鈍いのは脚本の都合ww
そんな音羽を僚平はお姫様抱っこします。キャーw
抱えるくらいかと思ってたのに!
それに怒ったらしいワームは攻撃を仕掛けてきて、僚平負傷。血、拭えよ。

ソニックダイバーで殲滅することになりますが、電気がないため色々と厄介です。
なんでさっさとソニックダイバー出さないのかと思ってたらそういうわけだったようです。
ハッチが開かない(?)とか、ナノスキンの装着限界が8分しかないとか、細かい所がリアルっぽくて良かったです。
足をひねったことがお姫様抱っこだけじゃなく生きてきたので好印象。

ワームに取り囲まれて絶体絶命だった音羽ですが、あのまま緋月さんたちが来なかったら同化されちゃったんでしょうか。
緋月さん久しぶりに見ました。
って、そこは南半球なのでは・・・?
どこから飛んでいらしたんですか。武装ヘリで。

アイーシャなる人物登場です。
彼女が1話で瑛花を負かした人物にして、ワームのもととなる存在。
どういうことでしょうか。あと弟とかぶって見えたのは何故か。
ワームにも色々事情があるみたいです。
音羽に攻撃しなかったのと、ワームとともに消えた弟には何か関連がありそうです。
多分擬態元だったからとかじゃないはずw
零神のことをワームが自身の一部だと考えたってのも意味深です。
しかし彼らはワームの話をするためだけに、わざわざ日本からやってきたんでしょうか。。。

今回の副長。
今回も二言しか喋らなかった気がします。
しかもオジサンのおいしいところは冬后さんと大戸さんに奪われたかんじです。
ま、でも甲板の上でちょっと頼れるオジサンみたいだったので良しとしますw
今回はブリッジでちゃんと座ってました。良かった。
副長を応援するにあたっては高望みしてはいけないww
[ 2007/11/04 23:59 ] スカイガールズ | TB(3) | CM(0)

スカイガールズ 17話 感想

南の島のスカイガールズ

初っ端からワームとの戦闘です。
今回のワームは電気ウナギ。
そいつの電気のせいでソニックダイバー隊は無人島に漂着することになってしまいました。

そうして始まるサバイバル生活。
音羽はかなり満喫してます。やけにサバイバルに強いです。
可憐は真面目に頭を使ってくれました。
いや、前は七恵さんの胸のでかさを計算するために使ってたので・・・。
エリーゼはのんきなサバイバル生活に焦りを感じ、瑛花はリーダーであろうと頑張ってました。
んーー。瑛花とエリーゼが絡むとどうしても音羽と可憐が薄くなってしまうのでしょうか。

ソニックダイバーって便利ですね。
ガションガション動く姿はなんだか可愛いです。
ロープはどこから調達したんだろうとか、替えの服をなんで持ってるんだとか、南の島なのに山菜?とか、疑問はありますがそこはつっこんでもどうにもなんないし。
期間が決まってるなら、無人島で暮らしてみたいです。

しびれをきらしたエリーゼはいかだで島を脱出しようとします。
なんて無謀!せめて方向くらいは確かめて。(それでもどうにもならないかな)
ていうかあの島は藍蘭島ですかw
リーダーの命令、で押し通してもうまくいかなかった瑛花は落ち込みますが、音羽がうまく復活させました。
葉っぱの服(?)といい、音羽はちょっとアホの子みたいに思ってしまいますが、意外とやります。
瑛花と音羽祖父はちょっと似てるかもしれない。
だから扱い方を心得ているのかもしれないw

冬后さんと僚平に無事発見されますが、あの演出にナニカを期待した人は多かったんじゃないでしょうか。
もちろん私も期待しましたよ。ちっ。
その和やかさがスカイガールズなのかも。
SOS SG のSGがスカイガールズ、だとはなかなか気づきませんでした。。。

ところで、攻龍のブリッジって無駄に広くないですか?席余ってますよ。
攻龍はソニックダイバー用に作られたんでしょうか?
ならば乗組員の数もそれなりに予測できたんじゃ、と思います。
空いた席のモニターが寂しいです。あのモニターは見なくてもいいモニターなんですか・・・。
(じゃあなんであるんだ)
その辺もうちょっと手を回せなかったんですか、緋月さん?(薮蛇)

今回の副長。。
あんまり出番がなくて寂しかったですよー。
ソニックダイバー隊をさっさと失ったと考えたのは、
ソニックダイバーを失う=日本に帰れる→早くおさらばしたい
ってなかんじで本音がポロリ出た、とか考えると笑えます。
ときに副長、ブリッジでは立ってるのが基本なんですか?
OPでも立ってませんでした?
え、何イジメ?ww
席は空いてるんだからどっか座って下さいよー。
[ 2007/10/30 22:12 ] スカイガールズ | TB(1) | CM(0)

スカイガールズ 16話 感想

寄港

攻龍が最後に補給に寄った島は、七恵の故郷だった。
七恵は幼馴染と、その彼と交わした約束に思いを馳せる。
島で、偶然その幼馴染と再会を果たすが、彼が攻龍のことを悪く言うのを聞いて、嘘をついてしまう。
出発する日の朝、島にワームがやってくる。
ソニックダイバーで撃退するが、その時七恵の嘘もばれてしまう。
しかし、彼は七恵のことを受け入れ、二人は再会も約束するのだった。


身悶え・・・(照)
中盤の、よろけた七恵さんを抱きとめるところあたりが・・・。
いや、こういうのも好きなんですけど、一人で見てるのに猛烈に恥ずかしくなります。

ともあれ今回は七恵さんの回。
全てが七恵さんのためにお膳立てされたかのような回w
よく考えてみると、ワームは攻龍&ソニックダイバーに引き寄せられてやってきたんですよね。
それを撃退したところで、島の人としては いらん緊張を強いられた形になるのですが、ヒロくん感謝しています。いい人だ。
結果的には、ワームまで七恵さんの恋路に協力してくれたのでした。

七恵さんの家族が登場でした。
母もやっぱり巨乳さん。遺伝か。うらやましい・・
そして大家族。七恵さんがしっかりしていたのは下にいっぱいいたからなんですね。
やっぱり長男あるいは長女ってしっかりするんでしょうか。(自分下なんで分からない・・・)

もうすぐ日本から遠く離れることになる七恵さんは、偶然という名の必然によって幼馴染と再会します。あぁ、なんて甘酸っぱい!
過去話にかこつけて翌日も誘うヒロ君がかわいいw
好きな人に嘘をつくのは嫌われたくないから。
普段仕事人(?)の七恵さんもまだ15歳。恋に恋する時期ですよね~。

スカイガールズ達の恋愛話も楽しかったです。
エリーゼは結構大人な発言をする、というかおマセさんでしたw
それともお国柄の違いですかね。小さい頃から西ヨーロッパ基地の恋愛模様を見てきたかもです。
瑛花は、・・・恋愛経験があるのかないのか非常に気になるところですが、片思いかな、と思います。
プラトニックだったのはそういうわけじゃないかと。
普段ツンツンしてるのに奥手で告白できない、とかどうですか!
音羽と可憐がやっぱり影が薄い気がします・・・。
恋愛の話だと出番ないですしねぇ(失礼)
だって音羽はニブニブだし可憐は兄様一筋だった感があるし。


今週の副長。。。
やっぱり副長好きかもしんないと思う今日この頃。
冒頭の悪だくみ(?)とヒロ君が海に出てた時の一言くらいしか出番なかったです。寂しい。
しかしヒロ君に対する一言で結構満足でしたw
みんなして俺の言うこと無視しやがって!みたいな?
[ 2007/10/22 17:15 ] スカイガールズ | TB(2) | CM(0)

スカイガールズ 15話

父と娘と

瑛花メインのお話かと思いきや、見終わった後一番印象に残ってるのはエリーゼに骨抜きにされた源さんでした。(エリーゼじゃないんだ…)
中年以上のオジサマ達のアイドルになりそうです。
そのうち副長も籠絡したりしないだろうか。

何故か副長が最近の気になるキャラです。
本当なんでだろう。
別に好きとかいうわけじゃ全くないんですが。
今回も副長は堅かったです。
最初から軍人の瑛花と比べられてもねぇ。
息抜きも仕事のうちですヨw

一応瑛花はちゃんとツンデレしてました…よね?
エリーゼに喰われましたけれども。
(みんなから見えなくなったら走り出すところや父に電話かけてみるところがデレ?)
むしろツンデレは一条父な気もします。

父に対して意地を張っている、というか反抗期?というか。
いつだったか、父親は瑛花に興味が無い、みたいなセリフがありましたよね。
どこがよ。
まだまだお子様なんですかね―。

そういえば、果物はドライフルーツにしたら日持ちするんじゃないですか?

スポットの当たらないキャラはものすごく影が薄いのはいかがなもんだろう。
次回はそろそろ音羽にもまわってくるのか、それとも弟(?)に奪われるのか。
と思ったけど七恵さんっぽいですね。
[ 2007/10/15 23:51 ] スカイガールズ | TB(4) | CM(0)

スカイガールズ 14話 感想 +α

クアドラロック

エリーゼが加わったことにより、新たなフォーメーション、クアドラロックができるようになった。
早速シミュレーションを行なうが、エリーゼのせいで失敗が続く。
そんななか、ワームがあらわれるが、やはりエリーゼが無茶をしうまく戦うことができない。
ビックバイパーのおかげでワームは一時撤退する。
無茶をする理由は、自分を心配する人はいないから。
しかし、夕子先生に諭され、また大戸さんに優しく声をかけられ、思い直す。
再びワームがあらわれるが、今度は4人で協力してクアドラロックを発動させ、無事ワームを撃退する。


えっと、4人になってカバーできる面積が増えたからちょっと大きいワームでも大丈夫だよ、ってことですよね、クアドラロックって。
今まで小さくてよかったね。

エリーゼ空回りの回でした。
ワームへの憎しみが強すぎて、技術は高いのにうまくいかないっていうのはもどかしいものですね。
夕子先生の過去が語られましたが・・・未亡人だったんだ・・・。子どもは今どこに?
なんというか、「いかにも」な説教といえばそうなんですが。
大戸さんはいい味出してるなぁ、と思います。いない間バッハに手を出すなってのも職人気質なかんじで好きです。

戦闘機乗りさん(名前分かんない・・)はうまいとこ かっさらっていきましたね。
相変わらず副長はストレス溜まりそうです。しかも船の中缶詰で息抜きに遊びに行けませんしね。
正直あの人の判断(エリーゼはお留守番ってやつです)は至極常識的なものだと思うのですが、悲しいかなお話の中では常識は通用しません。損な人だ。

エリーゼが黙々とシミュレーションしてる時に瑛花が参戦するって描写もスカイガールズらしくていいですね。
すっかりいいお姉さんです。
やっぱりエリーゼは小生意気ではあるのですが、なんだかんだ言って瑛花のことを認めているのでここは可愛げということにしときます。
そして僚平は馬鹿w

来週は瑛花の親子問題にクローズアップ。久しぶりにツンデレ瑛花さんが帰ってくるのでしょうか。
ふと思ったんですけど、瑛花を負かした例の協力者って、音羽の弟だったり・・・とか、ね。



キミキス pure rouge 1話

スカイガールズと時間がかぶってるので半分しか見れません。
なので端っこにちょこっとだけ書いとくことにします。

ぱっと見たところ一番ツボな女の子は二見瑛理子。
黒髪ストレートロングが好きなんですw
ちなみにこの間までこの子くらい髪の毛あったんですがねー。(そんなことは聞いてない)
元々はゲームらしいのですが、ゲームだとハーレム状態だったんでしょうか?
アニメでやられると気持ち悪くてかなわんのですが、主人公の他にも恋愛しそうな男の子が2人いたのが好印象です。

なんか男の人が脚本書いたんだろうなーと端々で思ったりしたんですが、基本的にこういう甘酸っぱそうなのも好きだったりします。
人は自分にないものを求めるものですww
[ 2007/10/07 20:46 ] スカイガールズ | TB(1) | CM(0)

スカイガールズ 13話 感想

攻龍出港

ついに出港した攻龍。
エリーゼのバッハが増えたので、格納庫では慌しく整備(?)が行なわれていた。
しかし、僚平はどこか様子がおかしい。
いつものように音羽がゼロを見にきた時、僚平は倒れてしまう。
ただの船酔いだったが、そのことで零神の整備をおろされてしまう。
さて、ワームが現れ、瑛花、可憐、と出撃していくが、何故か零神が出撃できない状態になってしまう。
が、復帰してきた僚平の言葉で発進できる状態になり、デルタロックで見事ワームを撃退する。


エリーゼのソニックダイバーが一機増えただけでおおわらわなのに、今までどうやって4人で整備してたんですかね。
画面に出てこないだけで、実は追浜にももうちょっと整備クルーがいたんでしょうか?

エリーゼの趣味はなかなか可愛いじゃないですか。
あれはあれで和んでいいと思いますよw落ち着かないけどww
怒られちゃったけどずっと肩肘張り詰めてると大変です。
冬后さんは早速釣りポイント探してるし!
副長は無駄にストレスがたまると思います。

10話に引き続き、僚平の整備士としての心意気というか、そこにスポットがあたってました。
意味深なかんじでデッキに立ってたりしたから何事かと思えば、ただの船酔いでこけましたが。
大きな船って、そんなに揺れないイメージがあります。
10時間以上乗るような船で酔いそうになったことってないんですよね。。
あー、寝不足だと酔いますね。
おろされることに納得した僚平に音羽は怒りますが、そんなこと言われてもなぁ。
でも音羽の気持ちも分からなくはないです。
それにしても僚平が来たとたん発進OKって、分かりやすすぎですよ。
最後は痴話げんか。
微笑ましいというか、馬鹿というか。(え。

艦長はやけに豪胆な人みたいです。ワームが迫っても取り乱したりしません。
ところで、ほんの少しのミスが取り返しのつかないことになるってのは、冬后さんのパイロット時代のことでしょうか。
そのうち語ってくれないかな・・・。

なんか緋月さんが黒く演出されてましたね。
でもあの人って、そんな悪い人には見えなかったりします。
緋月さんがうろたえたり挙動不審になったりする日はくるのでしょうか。
あのテのキャラって、やたらそういうところが見たくなりますww悪趣味??
[ 2007/09/30 11:56 ] スカイガールズ | TB(6) | CM(0)

スカイガールズ 12話

さよなら追浜

ついに追浜を離れることになり、基地内は俄かにあわただしくなる。
兄様と離れるので、浮かない顔をしている可憐。
来てもらえば、という音羽の提案で、兄様は追浜に来てくれることになった。しかし待ち合わせ当日、可憐とエリーゼに緊急の出撃命令が下る。
兄様に会うのを楽しみにしていたのを知っているエリーゼは、可憐に帰れというが、可憐は任務を全うする。
結局会えなかったが、手紙を受け取ることができた。
さて。いよいよ攻龍が出航。
緋月さんは囮としても考えているよう。どうなることやら。


半月ぶりに書いたので、勘が鈍ってる気がします。
前回はうっかり寝過ごしたので、いつのまにかエリーゼが馴染んでて驚きでした。
いえ、内容は感想読んだりして知ってましたがww
エリーゼのソニックダイバーの名前が分かりません。ドイツ語(?)って舌かみそうです。

とうとう兄様が登場。
後姿だけでしたがすらっとした人でしたね。
ごつかったらどうしよう、とか思ってましたが杞憂に終わりましたw
それにしても愛あふれる兄妹です。
きっと可憐とは一回りくらい違って、ここまで育てたのは兄様なんですよ。
手紙の内容が父親みたいです。
可憐泣いちゃった。立派になったなぁとか思っちゃうのです。

エリーゼはツンデレってよりおこちゃまってかんじがします。
基本的にいいやつですし、意外と素直でなんか可愛いですね。
可憐に帰るようすすめたのは、やっぱり自分も家族と会えたら嬉しいからでしょうね。
お風呂場ではつんつんしてましたが、ワームにやられた模様。
暗いことを呟いていました。
おじいちゃんっていうのは多分大戸さん。
なんとなく大戸さんは独りもんっぽいので、突然エリーゼにおじいちゃん、なんて呼ばれたらこっそり笑み崩れそうです。

攻龍の艦長と副長は退役軍人。つまりおじいちゃん。
艦長は人格者で、副長は(音羽たちから見れば)嫌な人。
でも実はいい人、って展開じゃないかと。
緋月さん、囮にしといて自分は乗らないってひどいっすねww

3人娘もだんだん頼もしくなってきた気がします。
瑛花はすっかりいいお姉さん。ツンデレはエリーゼに奪われたからね。
音羽の弟はこの先本格的にからんでくるんでしょうか。
これまで以上にワームとの戦闘が激しくなるなか、どんな展開を見せるんでしょう。

ところで、人類が江戸時代くらいの生活に戻ればワームは襲ってこないんでしょうね。
まぁ、今更無理ですが。
[ 2007/09/24 23:59 ] スカイガールズ | TB(3) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。