箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 3話

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

黒猫と沙織という友達ができ、オタクライフを満喫する桐乃。
しかしとうとう、父親に趣味がばれてしまった。
父親からばっさり趣味を否定され、家を飛び出すが、追いかけてきた京介に自分の気持ちを話す。
そして京介は桐乃の趣味を認めさせるよう直談判にいどむ。


日曜日、桐乃は黒猫たちと遊びに出かけます。
家族にオタクであることがばれているという黒猫と沙織に、桐乃は驚いていました。
まあ、出かける時からあの格好じゃあ、ばれないのが不思議というものw
でも別に、迷惑をかけるでもなし、叱責されることはないという言葉に、桐乃は嬉しそうです。
自分だって、はばかることなく楽しみたいと思うのは当たり前の感情ですね。
好きなものを好きだといえるのは幸せですもの。

一方、京介は田村さんと図書館へお勉強。
なんだこのカップル。
もう私は京介と田村さんの動向を見守るだけでおなかいっぱいです。
膝枕をしようとしたり、ハグどうぞってやったりする田村さん可愛いv
しかし京介はニブちんなのだった!残念!

京介が家に帰ると、不穏な空気が漂っていました。
桐乃が帰宅した際、父親とぶつかって、エロゲを落としたことから趣味が発覚したそうな。
なんという1話と同じ流れ。桐乃、少しは学習しようね?

どんなに否定されても、好きなことはやめない。
エロゲが好きな自分も、自分。やめたら自分じゃなくなってしまう。
それなのに、父親に何も言い返せなかった自分がくやしい。
桐乃の気持ちを聞いて、京介は父親と直談判する覚悟を決めました。
なんていい兄貴なんでしょう。

学業優秀な桐乃、スポーツ万能な桐乃、モデルとして活躍する桐乃、オタク趣味を楽しみ桐乃。
全てが今の桐乃を構成する要素。
どれ一つ欠けても、桐乃は桐乃じゃなくなるのだと熱く父親に言い募ります。
家族のために熱くなれるお兄ちゃんって格好いいね。
そしてそれは、作品に対して熱くなる桐乃や黒猫らを見て、悪くないと思ったからこそできた行為なんじゃないかな、と思いました。
なんとか桐乃のおたく趣味は容認しよう、ということになりましたが、そこで問題が一つ。

桐乃が持っていたのはエロゲでした。つまり18禁。
さすがに中学生がエロゲはいかんです。正論すぎて反論のしようがありませんw
京介は一応反撃を用意していましたが、それを行使するのはちょっと躊躇いがありました。
そんな時、目の前に出てきた選択肢。京介やっぱりゲームに脳おかされてるよ!
「桐乃を助ける」ではなく、「妹を助ける」を選んでいたところが面白かったです。
お兄ちゃんだなぁ。
何かがあったとき、気に食わない部分が多々あれども妹のために頑張っちゃう兄ってのはすごい分かる気がします。
それは妹も同じ。そのうち桐乃が京介は兄貴だから仕方ないなぁって頑張っちゃうのを見たいです。

京介の秘策は、「エロゲは自分のもの」でした。
捨て身すぎる!!妹の部屋で妹とアレな行為をするゲームって気まずすぎるだろう。
エロゲーを愛してると叫んだところで、父親の拳が炸裂。
でも勝手にしろ、と事実上黙認してくれることになりました。
たぶん父親も分かってると思うんですけどね、エロゲは桐乃のものだってことは。
現時点でおかしな兆候はみられないし、様子見ってとこかしら。

最後に、桐乃は京介に対して
「ありがとね、兄貴」
と一言。
その言葉と仕草が妙に可愛く見えて。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない!ってとこで終了。
うん、いい最終回でしたね。
次回は夏コミらしいですが、今後の京介との関係を楽しみにしてます。

テガミバチ REVERSE 3話

アジサイ色の絵テガミ

差出人不明のアジサイ色の絵テガミ。
配達で訪れた屋敷で、ラグはその送り主を突き止めてくれるよう頼まれる。


ラグはゴーシュに宛てるテガミに何を書くか迷っていました。
書きたいことが多すぎて、かえって本当に伝えたいことが分からなくなってしまう、と。
ラグはあんまりテガミを書くことがなかったんですね。
ユウサリに来るまで出す人いなかったっぽいですしね。
おばさんにテガミは書いてないのかな?
人んちで平然と朝ごはん食べてるコナーとザジに吹いたw

今回テガミを届けた相手は、男装(はしてなかった気がするけど)の麗人、レイ。
いやでもしっかり胸ありましたよ。男性と間違っちゃうのはどうなの。どこ見てんのラグ!
(そういう邪な目で人を見てないんだよ)

さて、宛名しか書いてない、差出人不明の絵テガミには、レイの故郷を思い起こさせる風景が描かれてありました。
彼女は胸の病気を患っていて、その絵のおかげで安らぎを得られているよう。
だから、その差出人にお礼がしたいそうです。

心弾を使えば一発ですが、地道に調べることにします。
絵テガミに使われる絵の具は、レイの故郷のそばに咲く花でできているそうです。
その花が屋敷にも生えていて、のっぽのメイドさん・キミドリが手入れしているところを偶然見ました。
そしてキミドリを犯人扱いw気持ちは分かるww

差出人は分かったものの、キミドリには口止めされてしまったので、レイにどう伝えようか悩むラグ。
レイの部屋に行くと、なんとお局メイドが自分の手柄にしていました。
ラグの口が固いとふんで、庭付きの土地までねだるお局。うわぁ…^^;
でも口止めされてるからラグは本当の差出人を言えません。言えないけど。
「心弾を撃っちゃだめとは、言われてませんからー!」
そんな強引なw

心弾で見えたのは、キミドリの記憶。
キミドリはレイが故郷を離れる前に一度会っていました。
そこで友達になり、レイのヘアピンをもらいますが、借金のカタに売ってしまいます。
そのことで友達の資格は失ったと思い、でもレイのために何かしたくてセントラルにやって来たのだと。
キミドリの心を知ったレイは、お花の手入れ中のキミドリに「友達」として会いに行くのでした。
今回ラグはレイに友達を届けるお仕事だったわけですね。

絵テガミのおかげで、テガミに書くのは、字じゃなくて絵でもいいと気づかされました。
ラグの絵心は非常に残念なものでしたけどね!
シルベットに何を描いたのか聞かれて、得意げに「ゴーシュ!」ってw
まあ、一つ選択肢が広がったというか。
字で書くことだけにこだわらないで、ゴーシュへの気持ちをしっかり伝えられるテガミを書けるといいですね。

テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)
テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)
お局は捨て台詞を残して去っていきました。逞しいおばさんだw
[ 2010/10/17 23:37 ] テガミバチ | TB(0) | CM(0)

咎狗の血 2話

死街/toshima

アキラを追ってケイスケもトシマにやってきた。
それから二人はリンという少年、源水という情報屋に会う。
彼らは当面味方になってくれそうだが、一方で、危険そうな「処刑人」にも遭遇した。
トシマが危険な場所だとケイスケも知ったが、それでもイグラに参加しようとする。


なんだか今回も、キャラの顔見せで終わってしかった感が。
まだ設定的に語られてないことも多そうですが、そろそろ話が動いてほしい。

アバンのナレーションは正直聞き流しているのですが(笑)、何色に染まる、と問いかけていました。
その後OPを聞いてると、最後の歌詞が薔薇色に染まれ。
じゃあ薔薇色なんでしょうか。つまりどういうことなのか、はさっぱり分かりませんがw
とりあえず気になったので。のちのち意味が明らかになればいいです。

前回のラストで、トシマがどういう場所か分かったアキラ。
隠れられる場所を探して休んでいると、なんとケイスケが現れました。
この人、なんでここに来たんでしょうか。
1話ではちょっと頼りなさそうだけど気のいい青年、といった雰囲気でしたが、いきなりきな臭く見えました。
トシマがどれくらい広いのかは謎ですが、そうそう都合よく再会できないような気がするんですが。
悪い人に絡まれたけど走って逃げたってのも、土地勘のない人間が簡単に逃げられるほどトシマの人は甘くないように思います。
何が言いたいかというと、ケイスケがイル・レってオチだったら面白いねって話。
普通に幼なじみポジションだと思いますが、こんな風に穿った見方で見るのも楽しいので。
なんにせよ、ケイスケには裏がありそうです。
アキラに取り引きが持ちかけられたのも、ケイスケに何かがあるということだったら納得できる気がするし。

この後リンや源水が出てきますが、ひとまず顔見せといったところでした。
今のところ敵ではないようですが、それがいつまで続くかは謎。
リンがいると画面も会話も華やかになります。
アキラだけだと終始むっつりしてそうだもの。貴重なショタっ子です。
源水は陽気なおっさんでした。情報屋というポジションを生かした関係だといいな。

いかにも危なそうな処刑人が二人出てきました。
イグラのルールに違反した人を処刑、するらしいです。
ルールの説明ってあったっけ。タグを全部持ってたから違反じゃなかった、とか言ってた気がしますが。
ペナルティが存在する以上、ルール説明は欲しいところ。
彼らの連れてたアルビトロのペット(?)がアキラに反応してました。
アキラのタグに何かあるんでしょうか。
とにもかくにも、普通じゃない人たちでした。あの彼は完全ペット扱いなんすか。

最後に、ケイスケがイグラに参加することを決めます。
なんでアルビトロの城に行ったときは何もなかったんでしょう。
実はもうタグ持ってんじゃないのって思ったんですが、はてさて。

咎狗の血 1 【完全生産限定版】 [DVD]
咎狗の血 1 【完全生産限定版】 [DVD]
予告のショートコント(?)って、あれは笑うところなのかしら。
それともケイスケを疑わしく思うところなのかしら。
[ 2010/10/16 23:52 ] 咎狗の血 | TB(0) | CM(0)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2話

俺が妹とオフ会に行くわけがない

桐乃が自分にゲームを強要するのは、趣味を分かち合う友達がいないからだと京介は考えた。
そこで、オタク系のオフ会に参加することをすすめる。
桐乃に初めてオタクの友達と呼べる人ができ、ゲームもコンプし、ひとまず京介に持ちかけられた人生相談は終了した。


前回から三日後。
京介はあまりゲームに手をつけてなかったようで、桐乃に説教されてしまいました。
三日あればフルコンプできるって、でもそれはちょっとキツイよw
ともかく、桐乃に友達がいればゲームを無理強いすることもなかろうと考えます。

幼なじみの田村さんに相談したところ、SNSで同志を見つけろとアドバイスをもらったようです。
早速桐乃に伝えますが、うろ覚え丸出しなのがおかしい。
桐乃は情報源が田村さんだと気づき、地味子呼ばわり。
え、京介の幼なじみってことは桐乃とも幼なじみじゃないのだろうか。
兄妹+田村さんが子ども時代にどんな関係を築いていたのか見てみたい…かも。

田村さんはどう見てもとろそうだし(失礼)、子どもの頃に男子に交じって遊ぶタイプに見えないし。
子どもの時から今のような関係だとしたら、からかわれ放題でしょう。
そして京介は庇ってたのでしょうか。俺以外からの悪口はいや、って妄想心を刺激する言葉ですよ(そうか?)
目まぐるしい勢いで京介と田村さんの幼少期の妄想が飛び交いましたが、そこは本編に全く関係ないので割愛。
妙なところに引っかかるなぁ、私。
それはそうと。家族ぐるみの付き合いかと思ってたのですが、桐乃はあまりいい感情を持ってなさそうです。
というより、ちょっとした嫉妬?
京介の隣に平然と女性の存在があるのが気に食わないといったとこかな?
なんとなく分かる気がします。

さて、オフ会に参加することになりましたが、桐乃は不安でいっぱい。
一人は嫌だと京介についてきてもらったものの、浮いてしまってちっとも楽しめませんでした。
しかし、主催者の沙織から二次会のお誘いがありました。
浮いていた人だけを集めたごく小規模のもの、ということで、参加者は桐乃と黒猫さん。
せっかくなんだから楽しい思い出にしたい、といったところでしょうか。
沙織はすてきな主催者さんだなぁ。素顔が見られる日は来るかしら。

好きなアニメについて真っ向から議論を交わす桐乃と黒猫。
意外と毒舌の黒猫に呼応して桐乃も暴言吐きまくり。
好みは違えど、思う存分やりあえて楽しそうです。
一次会ではだんまりだったのに、すっかりいつもの桐乃らしく振舞えていました。
いつも通りにしていたのに浮いてしまった一次会とは違い、いつも通りの自分で好きなことを語れたのは楽しかったことでしょう。
こういう友達はのどから手が出るほど欲しいもの。

京介はなんとかゲームをコンプリートしました。おめでとう。
妹が恋に落ちる相手ではなくラスボスのような扱いになってて笑ってしまいました。
それにしても、突如舞い込んだ人生相談に真摯に向き合い、趣味を理解してくれようとしたり、オフ会にまでついて来てくれたり、京介は本当にいいお兄さんだと思います。
桐乃の存在より、むしろ京介がファンタジー。私の兄がこんなに優しいわけがない。

沙織と黒猫とは、連絡先も交換し、またオフ会で会うことになりました。
オタクな友達ができて、桐乃の趣味に対する姿勢がどう変化するかも楽しみです。
友達ができたな、という京介に「うっさい!」と言っておきながら、あとでドアを開けて様子を伺う桐乃が可愛い。
京介はこれで人生相談が終わったと思っているようですが、さて。
これからもゲームのプレイは強要されると思いますよ。
身近に理解を示してくれる逸材がいるのに放っておくわけないじゃないですか。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫) 次回までが一巻の内容かしら。

テガミバチ REVERSE 2話

パンツとパン

パンツを置いて失踪したニッチを探すため、ラグたちは町を駆け巡る。
ニッチはお腹を空かせ、半分以上パン屋な武器屋に入り込む。
そこを店の夫婦に見つかり、自分達の娘にならないかと提案された。
しかし偶然訪れたラグのピンチに、ラグのディンゴとしてラグを助ける。
やはりニッチはラグのディンゴで、仲良くシルベットの待つ家へ帰るのだった。


ニッチにとってラグのパンツは、二人の絆の証。
確かにそうだけど字面だけ見るとちょっとおかしく見えてしまうのが何とも言えません。
ザジ大笑いしてたしなぁ。
何故か残って食事してたザジも、ゲボマズスープを飲んだとたんニッチを探しに行きましたw
ひとりだけ楽々してるから飲まされる破目になるんだぞ、と言っておきます。

残されたシルベットは、自分もニッチを探しに行きたいと主張しますが、アリアさんに止められました。
待つことは辛いことだけど、それも重要な役目で、シルベットにしかできない役目なんだと。
ゴーシュを探しにいくことも可能なのに、待つことを選んだアリアさんに重なります。
帰ってきた時のために、その人の場所を作っておくのも、きっと大切なこと。
その人の場所を守って待つことは、帰ってくると信じることでもありますね。

さて、ニッチはパンツを置いてきたものの、他に行くあてがありません。
お腹も空いて、いよいよステーキが非常食としての役目を果たすことに…。
忍び込んだ店、シナーズの釜でステーキを焼こうとした時、店の夫婦に見つかりました。
ステーキ、危機一髪!生還おめでとう!…と思ったらアフロで吹いたw

お手製のパンをごちそうしてもらいながら、ニッチは身の上を語ります。
間違ったことは言ってないのに、盛大に誤解され、そんなひどい里親より自分達の娘にならないか、と言われました。その方が幸せだと。

ピサロが屋根の上にロープを張り、その上を渡るという芸をしはじめ、大騒ぎに。
ニッチたちも外へ出ますが、そこにはピサロを止めようとするラグの姿がありました。
案の定(?)ロープが切れて落ちるピサロを助けようと、ラグも危ない状態に陥ります。
ラグを助けるのはディンゴの役目。
ラグがパンツを持ってたのを見て、自分が探されていると分かったのでしょうか。
空中でパンツを履き、見事ラグを助けます。
ニッチを見たとたんにラグが安心して身を任せるのは信頼の証、それこそが二人の絆ですねv

ラグが迎えに来たことで、収まるところに収まりました。
ニッチはこれからもラグのディンゴ。
シナーズの娘にはなれなかったけど、別れ際のニッチの言葉が良かったです。
パンうまくて幸せだった、と。サンドラママって呼んだのも気持ちがほっこりしました。

武器屋のおじさんがくれた、テガミ弾というもの。
これは、中にテガミを込めることで、普通の心弾よりも強い心を相手に響かせることができるそうです。
普通の心弾はラグの心を響かせるものだけど、もしかしたらラグに加えてシルベットやアリアさんの心も一緒に響かせたりできるのでしょうか。
ゴーシュが心を取り戻すためのキーアイテムになりそうです。

二人はお家に帰ってくると、安心しきったように寝てしまいました。
シルベットは、二人が安心できる場所を守る人なのね。

テガミバチ REVERSE 初回限定版 1 [DVD]
テガミバチ REVERSE 初回限定版 1 [DVD] 次回は通常の配達っぽいです。
[ 2010/10/10 04:17 ] テガミバチ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。